本人本音が強すぎる、にっくき白髪ってあきらめてつきあいます

白髪が出始めの時は、一本二小説と数えて、抜くとはげると聞いているので、眉毛節約の鋏をやり方に、頑張って切っていました。意外と辛くて、切れた髪の毛をみると、白髪から黒髪が多くて落胆でした

ホップステップジャンプみたいに、白髪が増えてゆき、いつの日光からか数えることを忘れました。生え際、もみあげ等近辺で管理するようになっていきました。とはいえ、鏡に映っておる見える範囲限定ですが。

最近は、見えていないところにも白髪が増えて来ているようで、引き取り手にここにもあるそこにもあるといった親切に教わる度に、なるほど、そんなにって当然の如くに平然としつつ、ひそかにへこんでいる。

アレルギーなので、ぎゅっとは染めることができません。自然に染まるというマニキュア系ので、せっせと染めるのですが、初めのころは、ゼロか月から一月半分ぐらいは、染めるのを忘れていました。ところが、だんだん、一月半分から一月に、更に半月にとそのペースは早くなる一方ののです。

出陣前の化粧の時が魔の時だ。通常そんなにしげしげと見ない自分の顔付きという髪。明るいところで、大きな鏡で化粧品を並べて、よっしゃ、ぎゅっと付けるぞと思った矢先。ことごとく白髪が目に飛び込んでくるのです。

まだ半月たつか経たないかなのに、キャー。ハイカラの気分は最先端ってしぼみ、元気なく化粧を済ませ、生え際の白髪が目立たないように、髪を顔付きへ顔付きへって寄せそろえ、隠しきれない白髪は、噴流年の白髪隠しではぐらかし、外出する趣旨の誠に多いことか。

無情の風に吹かれ、気がつけば白髪が胸をはり、甚だしく本人所見をしている自分の髪型。どう見ても黒髪のほうが優勢なのですが、思い込みとしては残念ながら白が何ダブルも際立つ。歯痒い限りです。

はげるよりはいいんだという、あたしを慰めつつ、有難くない長い人付き合いとなるであろう白髪を、見て見ないふりをしつつ毎日を過ごしている。まだまだ高い。だから水素風呂もレンタルしたい。