前週から義父の居留介護が始まりました

前週から、半年ぶりに義父の住居介護が始まりました。半年前に危機オペレーションをするために入院になってから、医院や施設での生活を送っていました。近頃漸く、どうにか持ち家に帰れる具合まで完治できたために、住居介護にチェンジをしました。

義父は、日中は車いすで過ごしています。夜はベッドに移ります。ベッドのそばに赴き、手すりがあれば、自ら間隔が可能です。但し、困ったことがあります。義父は医院で絶えず続けていたリハビリを家ではしないと言うのです。姑は、義父の介護を迷惑がり不満みたいに行なう。私たち三男夫婦はできるだけのサポートを行っていますが、両人ともなんでも甘えようと行なう。男子は1週間うちに泊まりこんでお世話をしてきました。

宅配はこちらが行ない、総菜や弁当、レトルトを中心に購入し持って行かなければなりません。家で作った総菜も持って行きます。ごちそうを作りあげるのを嫌がるからです。お婆さん向けの弁当のオーダーによるのを嫌がる結果仕方ありません。ごはんは炊きますが、お茶はペットボトルを購入し、吸い物もレトルトだ。

洗濯は、入院内と同様に、建物が担当しています。住居で住宅におけるものの、こちらは彼氏が持ち帰ってきた洗濯物を洗って乾かしてから、彼氏がまた持って行きます。着替えは一人ではできない結果、デイサービスでの入浴場合する。

姑は便所の手助けだ。義父は一人ではできません。今は、ベッドのお隣に置いて要るポータブル便所としています。手すりを以て突き立てるので、ブリーフの上げ下ろしを姑が手伝います。撤収も姑が行なう。

2人で生計できそうな意思もしますが、どうしても辛くうまくいきません。高齢になると、自分で動くことを嫌がります。自立した気持ちを持ってもらうための住居介護ですが、何やかや考案が必要です。炭酸水や水で割って飲む酵素ドリンクは、値段も高いし続けにくい。だから今は・・・